2013年12月23日月曜日

予想の回顧 有馬記念、ラジオNIKKEI杯2歳S、中山大障害、阪神C 2013

 有馬記念はオルフェーヴルが圧勝。説明の必要はなかろう(といいつつ、説明するのだが)。道中は折り合いに専念。3コーナーからマクっていき、4コーナーでは先頭に。直線はラチ沿いを突っ走ってグイグイ差を広げ、使う必要のないムチも持ち出して、8馬身の差をつけた。
 相手に恵まれた面はあるにしろ、GIでこの圧勝劇。池添騎手は、凱旋門賞で乗せてもらえなかった悔しさを、少しは晴らしたことだろう。
 2着に入ったのはウインバリアシオン。道中は中団に待機して、ラチ沿いをピッタリと回る。3コーナーを過ぎて馬群が凝縮したところでうまく外に出し、オルフェーヴルの作った進路を追うように抜け出しをはかる。直線半ばで2着に上がると、最後はゴールドシップの追撃を退けて2着を確保。脚もとさえ大丈夫なら、来春が楽しみだ。
 3着は、しぶとく伸びたゴールドシップ。圧勝か惨敗か、というレースぶりが続いていた馬だが、最後までまじめに走って馬券圏内を確保した。手替わりがよかったのか、ブリンカーが効いたのかは分からないが、3歳春の頃に戻ったようなレースぶりだった。
 馬券は、馬連を本線でとり、少し浮いた。

 土曜の阪神メインはラジオNIKKEI杯2歳S。
 ◎デリッツァリモーネは中団から。スローペースならもう少し前につけると思っていたのだが、想定よりやや後ろだ。3、4コーナーではいい手応えで外を回っていき、直線入り口で先頭を射程圏に捉える。ところが、そこからサッパリ伸びず、10着に惨敗。この程度の馬だったということなのだろうか。

 土曜の中山では中山大障害。
 ◎バアゼルリバーは4、5番手から。最終周で満を持して進出を開始するが、前には残られ、後ろには差されて4着。ピリッとしない結果だった。

 月曜祝日は阪神で阪神カップ。
 ◎ラトルスネークは恒例の出遅れ。二の脚で巻き返して中団につける。レースはコパノリッキーテイエムオオタカも行かず、予想に反してスローペースに。これは痛い。
 4コーナーから直線にかけて、ラトルスネークは内で包まれてまったく身動きが取れない。ラスト200 mでようやく進路が開くが時すでに遅し。5着まで差してくるのが精一杯だった。どうも展開に恵まれない馬だ。流れが向けば勝ち負けするだけの力はあると思うのだが。

 今週は4戦1勝だったが、有馬記念を当てたので、よしとしておきたい。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年12月22日日曜日

2013 阪神カップ オレの予想を聞いてくれよ

 有馬記念がオルフェーヴルの圧勝に終わり、今年の競馬もフィナーレ…とはならず、もう一日開催がある。ちょっと間抜けな感じがしないでもないが、今年の中央競馬最後の一日を楽しみたい。

 そんな月曜祝日の阪神メインは阪神カップ。このレースと札幌記念の二つしかない「定量」のGIIである。GIを何勝している馬でも、他の馬と同じ斤量で走れるわけだ。これを「スーパーGII」と呼ぶこともあるらしいが、なかなかこの呼称が定着しない。
 それはおそらく、この阪神Cがあまり「スーパー」ではないからだろう。マイルCSは終わった後で、高松宮記念まではまだ間がある。一流馬が集まりにくいこの時期に、1400 mという中途半端な距離で、なぜスーパーGIIが行われるのだろうか。JRAには何か意図があったのだろうが、どうやら空振りに終わったようだ。

 レースにいってみたい。
 本ブログ、今年最後の本命馬は◎ラトルスネーク。前走、前々走と本命に推したが、期待を裏切られた馬だ。その2走とも前残りの展開になり、後ろから行くこの馬には展開が向かなかった。しかし、2走とも上がりは最速で力は示している。コパノリチャードテイエムオオタカが引っ張ってくれそうな今回は、ズバッと差してほしい。外差しの決まる馬場なので、どこかで外に出したい。
 推奨穴馬はスギノエンデバー。前が止まれば飛んでくる。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年12月21日土曜日

2013 有馬記念 オレの予想を聞いてくれよ

 いよいよ有馬記念。今年の競馬も、もう終わりである(仕事はもう一週間あるけど)。早いなあ。ビシッと当てて、気持ちよく締めくくりたい。
 今回、JRAのCM(The Legend)で取り上げられたのはテイエムオペラオー。
「レジェンドというには、ちょっと最近すぎない?」
と思ったら、あれからもう13年も経ってしまったらしい(そりゃ歳をとるはずだ)。この年、テイエムオペラオーは古馬の中長距離GIをすべて制するという大記録を達成した。超一流馬の海外遠征が当たり前になった現在、この記録はもう破られないかもしれない。

 さてレースにいってみたい。
 今年の中心は、◎オルフェーヴル。私の本命もこの馬だ。というか、本命にせざるを得ない。今年GIを勝っているのはゴールドシップだけ。秋のGI 2戦(天皇賞・秋、JC)の連対馬はすべて欠席と、相手に恵まれた。七分程度の仕上がりのようだが、それだけあれば十分だろう。昨年の宝塚記念のときと似た雰囲気を感じる。
 オルフェーヴルを本命にする以上、相手は絞りたい。金鯱賞でお世話になったカレンミロティック、その金鯱賞で長期休み明けの+30 kgで3着に差してきたウインバリアシオン、JCで推奨穴馬抜擢の期待に応えてくれたトーセンジョーダン(大外枠は痛恨だが)、この3頭が相手本線。
 推奨穴馬はヴェルデグリーン。前走は東京2000 mの大外枠で度外視できる。中山に戻れば怖い。
 みんなが忘れたころに、オルフェーヴルが最後の最後にもう一度トンデモハップンをやらかしたときのために、相手4頭のタテ目はチョロッと押さえておく。個人的には、最後にもう一度ヤンチャして、強く記憶に残る馬になってくれないか。

 予想とは関係ないが、エイシンフラッシュに触れておきたい。この馬にはダービー、天皇賞・春と二度、大きな馬券を取らせてもらい、今年の毎日王冠でもお世話になった(本命は2着馬だったが)。引退するにあたって、これまでの感謝の意味も込めて相手本線に考えていたのだが、残念ながら回避となってしまった。
 記者会見での藤原師の涙には、こっちもちょっとウルっときた。私の競馬暦は20年を超えたが、ダービー馬が6歳まで一線級で走り続けたという例は他にない。さっさと種牡馬になってしまう馬が多い中、陣営の心意気とそれをなしとげた努力に拍手を送りたい。
 たくさんお世話になりました。ありがとう。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年12月20日金曜日

2013 ラジオNIKKEI杯2歳S、中山大障害 オレの予想を聞いてくれよ

 今年の競馬もラストウイーク。有馬記念の翌日も開催があるのがビミョーな感じだが、さらにもう一日楽しめるのだと前向きに捉えたい。
 昨年から今年にかけて、JRAは三日間開催をずいぶん増やしたが、効果は出ているのだろうか。ちなみに妻には
「祝日まで競馬するな」
と不評である。

 そんな土曜の阪神メインはラジオNIKKEI杯2歳S。来年からは朝日杯と入れ替えで中山に移り、ホープフルSと名を変える。数年後にはGIになるのだそうだ。
 少々ややこしいのだが、重賞としての歴史や機能はホープフルSに引き継がれ、「ラジオNIKKEI杯」という名称は「ラジオNIKKEI杯京都2歳S」に受け継がれるそうだ。これにより「ラジオNIKKEI」はレースのメインタイトルではなくサブタイトルに格下げになってしまった。こんなことを気にしているのは私だけか…。
 中山に移れば、レースの性質も大きく変わるだろう。中山の2000 mになれば、クラシックとの結びつきはおそらく弱くなると思う。JRAの意図としては、朝日杯をマイラーの頂点に、ホープフルSをクラシック路線の頂点にしたいようだが、むしろ逆の傾向が出そうな気が…。距離は短くても、ホープフルSよりも阪神1600 mの朝日杯のほうが、ダービーとの結びつきはむしろ強くなるだろうと予言しておく。

 気の早い予言はこれくらいにして、レースにいってみたい。
 ご存じの通り、クラシックとの結びつきが非常に強いレースである。昨年も、小頭数ながらエピファネイア、キズナと2頭のクラシックホースが出た。さらに、ここ5年の勝ち馬のうち3頭がクラシックを制している。
 ところが今年は、牝馬が2歳重賞をたくさん勝ったことや、数少ない重賞勝ち馬が欠席したことで、非常に手薄なメンバーになった。重賞勝ち馬はゼロで、2勝馬も2頭だけ。こんな年は記憶にない。それとも手薄に見えるのは今だけで、今年のメンバーもクラシック戦線を賑わすのだろうか…。

 本命は◎デリッツァリモーネ。2頭の2勝馬のうちの1頭だ。初勝利までに3戦を要したが、スタートが安定してからは2連勝。スローペースでの瞬発力勝負は得意とするところ(と思う)。ある程度前につけてほしい。
 推奨穴馬はセセリ…と思っていたら、むしろデリッツァリモーネのほうが人気がないようだ。ところで、セセリって鶏肉の「せせり」のことかと思って調べてみたら、「鳥のさえずり」なのだそうだ。「せせらぎ」の名詞形? でも「せせらぎ」も名詞だよなあ…。とりあず、肉の部位ではなかったらしい。

 中山大障害は◎バアゼルリバー。小坂騎手のGI初制覇に期待。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年12月15日日曜日

予想の回顧 朝日杯FS、愛知杯、リゲルS 2013

 今週は朝日杯FS。
 ◎アトムは1番人気。枠順を考慮すれば妥当なところか。アトムはスタートで出負けしたが、二の脚で先団にとりつく。これが、中山1600 mは内枠が有利な理由だろう。そのまま内ラチ沿いを走り、直線を向いた。馬群がひとかたまりになり、さばくのにやや苦労したが、進路が開いてからもスパッとは切れず、5着。外が伸びる馬場だったのだろう。それを覆すほどの力の差はなかったということだ。仕方ない。
 勝ったのはアジアエクスプレス。芝レース初挑戦でGIを勝った馬はいままでいたのだろうか。驚いた。父のヘニーヒューズは面白い種牡馬だ。距離に限界はあるが、芝・ダート兼用の馬を出す。来春から日本で種牡馬生活を送る予定。産駒には要注目だ。

 土曜の中京メインは愛知杯。
 ◎フーラブライドは12番人気。思った以上に人気がない。
 レースは、セキショウが2番手を引き離して逃げ、縦長の展開に。しかし、見た目ほど速いペースではない。これは前が有利か。
 フーラブライドは3コーナーあたりから外に持ち出して進出。直線入り口では先頭を射程圏に捉え、手応えの通りにグイッと伸びて見事に1着。本ブログ本命馬で最低人気での勝利(たぶん)を達成した! 人気薄の本命が激走するという、馬券オヤジにとってはたまらないレースとなった。
 しかし肝心の馬券は、2着のキャトルフィーユを押さえておらず、痛恨のハズレ…となるところだったのだが、ワイドで流して3着のコスモネモシンを引っかけた。その1-3着のワイドが万馬券となり、(おそらく)はじめてワイドで万馬券をとった。記憶に残るレースになりそうだ。

 阪神メインはリゲルS。
 ◎コスモソーンパークは、4、5番手から。直線では前の2頭が抜け出し、1、2着はこの2頭で決まりだ。一方、コスモソーンパークは1番人気のサンレイレイザーと3着争いの叩き合い。ワイドで馬券を買っていた私は、この叩き合いの結果は死活問題だ。
 直線半ばではサンレイレイザーの脚色がよく、諦めモードだったのだが、コスモソーンパークが差しかえしてきた。
「差し返せ。もう1回いけ!」
という声が聞こえたのか(そんなわけないやろ)、コスモソーンパークが内からグイッと差し返して3着を確保。私のために(?)、よく頑張ってくれた。お馬さんにも和田騎手にも、感謝したい。もし関係者の方がこのブログを読んでいれば、彼らにこの気持ちを伝えていただけないだろうか。
 馬券は、1-3着、2-3着のワイドを的中。合計で100倍近くついたのだから、ウハウハである。
 土曜日は、ワイドに助けられた一日だった。こんなこともあるんだなあ。

 今週は3戦2勝。2勝とも配当がかなりついたので、トータルの収支も大幅プラスを計上した。ただ、土曜の反動が出たのか、日曜は久々のオケラ。浮いた分をずいぶん吐きだしてしまった。来週までに立て直したい。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年12月14日土曜日

2013 朝日杯フューチュリティS オレの予想を聞いてくれよ

 今週は朝日杯フューチュリティS。来年から阪神に移ることになったので、中山では最後となる。このレース、同一条件(競馬場と距離)で行われているGIとしては最も歴史が古いのだが、その記録が今年で途絶えてしまうそうだ。代わって、有馬記念がナンバーワンになるらしい。
 このレースの代わりに、来年からは中山の2000 mで2歳のGIが新設されるのだが、これは微妙な感じがする…。皐月賞はともかく、阪神1600 mで行われる朝日杯のほうが、ダービーとの結びつきはむしろ強くなるかもしれないと、ちょっと気の早い予想をしておく。

 さてレースにいってみたい。
 先週の阪神JFとは逆に、まれに見る層の薄さだ。重賞勝ち馬は一頭のみで、しかも牝馬限定戦でのもの。来週のラジオNIKKEI杯との絡みもあるのだろうが、こんな年は見たことがない。
 しかし、中山での最後のレースを記念するかのように、さまざまな記録がかかっている。2歳GIが牡と牝に分かれてから初となる牝馬の勝利、武豊のGI全制覇、地方所属馬初のJRA芝のGI勝利、芝レース初挑戦でのGI制覇、などである。メンバーはともかく、話題の多いレースになった。
 私の本命は、それらの話題とは関係なく、◎アトム。前走はホウライアキコに逃げ切りを許したが、最速の上がりでレコードのクビ差2着まで追い上げた。ハイペースが見込まれるここは、差しきりを期待したい。枠も絶好のところを引いた。
 当初はプレイアンドリアルウインフルブルームを本命に考えていたのだが、ともに7枠を引いてしまった。ご存じの通り、中山1600 mは7、8枠はおおいに不利。両馬ともに評価を下げる。
 推奨穴馬はサトノロブロイ。前走がやや物足りないが、いいスピードを持っている。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年12月13日金曜日

2013 愛知杯、リゲルS オレの予想を聞いてくれよ

 ずいぶん冷え込んできて、冬も本番だ。来週こそは、娘の反対を抑えて、おでんウイーク(おでんを作り置きする)にしようと思う。
 今年の競馬もあと二週。サクッと当てて気持ちよく新年を迎えたい。

 そんな、有馬記念前週の土曜の中京メインは愛知杯。牝馬限定戦になってから、今年で10回目の節目を迎える。
 牝馬戦になってから、馬券はかなり荒れている。9回中、馬連万馬券が3回。そのうち1回は4万円台、1回は6万円台である。逆に、馬連が20倍以下だったのはたった2回。さらに、1番人気は2連対(1着1回、2着1回)のみ。JRAで最もよく荒れる重賞の一つといってよいだろう。新装中京で行われた昨年も、この傾向は変わらなかった。
 これほど荒れる理由の一つは、もちろん牝馬限定のハンデ戦という条件だろう。さらに、それに加えて、開催時期も原因だと思う。このレース、2006年から今の時期、すなわちエリザベス女王杯の5週間後(年によって多少のズレはあるかもしれない)に定着している。この微妙な間隔が、荒れる原因となっているのではないか。
 女王杯で人気したり好走したりした実績馬は、女王杯でピークの仕上げをしたため現在は状態が下降気味。そこに加えて、ハンデを背負わされる。これが、人気馬がコケやすい原因ではないだろうか。

 そんなわけで、今年もその傾向は続くと見た。
 本命は、非実績馬から◎フーラブライド。前走で1000万条件を勝ち上がったばかりの、各上挑戦の馬だ。しかし、ダートから芝に矛先を変えて500万、1000万を2連勝というのが、昨年のエーシンメンフィスと重なる。もちろんハンデも50.0 kgと恵まれた。軽量を利して一発を期待したい。
 推奨穴馬は、◎と似た臨戦過程のウエスタンレベッカ

 リゲルSは、星の名前シリーズだが、芝のレースだ。珍しい気がする。
 本命は◎コスモソーンパーク。もうすぐ6歳のこの時期にして、阪神コースは初登場。徐々に力をつけてきた。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年12月12日木曜日

息子が怪我をした ―3歳の息子が額(おでこ)を割りました…―

 恐れていた事態が、ついに現実になった。息子が額(ひたい=おでこ)をパックリと割ったのだ。今年(2013年)の11月末に、事件は起こった。

 娘(6歳)と息子(3歳半)が、いつものようにジャレあっている。体力が有り余っているのか、それともアホなだけなのか。理由はともかく、家(3LDKのマンション)の中で全力で追い駆けっこをしたり、本気で組んずほぐれつのプロレスをしたり、「毎日が運動会」状態である。
 以前から、事件の予兆はあった。「スッテーン」と転んだところ、ギリギリでイスをかわしたり、ドアを全力で閉めているところに、それを阻止しようとして手を出したり、「何かのショーですか?」と言いたくなる場面が何度もあった。
 怒ってやめさせることはできるのだが、その場限りでどうせまた同じことをするし、子どもが無邪気に楽しく遊ぶのを制限しすぎるのも気が引けて「いずれ、何か起こるかもしれないなあ」と思いつつ、放置していたのだ。
「子どもって、こんなもんだよなあ」
「世の中、ギリギリでかわすように、うまくできているもんだなあ」
とか、都合のよい解釈をしていたわけだ。

 そんなある日、心配が現実になった。
 二人とも、マックスのテンションではしゃいでいる。娘が亀のように丸まったところに、息子が覆いかぶさった。そこで娘が
「うがー」
と、息子を払いのけるように腰を浮かせた。背負い投げの状態だ。息子は、背負い投げを防ぐべく、ひっくり返らないように耐える。が、3歳の年の差はいかんともしがたく、腹ばいのまま前方に投げ出された。そこにあったのは、テレビ台。角っこ(辺の部分)に額を打ち付けた。ほとばしる鮮血(ちょっと大げさです)。見事に額が割れていた。

 この事件が起こったのは祝日の午後だったのだが、近所に救急の外来をやっている病院があったので、応急処置をしてもらえた。その結果が、こちら。


 縫うまでには至らなかったし、目ではなかったのも幸いだった。1週間後に、お医者さんから
「少し跡は残るかもしれませんが、もう大丈夫ですよ」
と言われたのだが、妻は
「なるべく跡が残らないように」
という思いが強いらしく、現在もテーピングを続けている。さらに「ケロコート」という、傷が残りにくくなる塗り薬も見つけてきて、注文した。

「ゴミゴミした家で、放任してるからそうなるんじゃないの?」
と思う方もいるだろう。しかし、そうではない。ウチのLDKはこんな感じ。


子どものために、テーブルを置かず、だだっ広くしてある。また、ウチは放任主義とは対局の、口うるさい両親であるという自信(?)はある。

 子育ては難しい。「子どもの自主性を制限しすぎないように、あまり口うるさくしないほうがよいのかなあ」と、子どものやりたいようにさせていた「遊び」が、このような結果になった。
 上にも書いたように、ウチは平均以上に口うるさい家庭である。その後ろめたさが
「家の中ではしゃぐくらいはいいか」
という甘さにつながったのだろうか。それとも、LDKをだだっ広くしていたのが逆効果だったのか。
 原因は一つではないのだろうが、「締めるところ」と「そうでないところ」の区別の難しさを改めて実感した事件だった。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2013年12月10日火曜日

映画評 『アヒルと鴨のコインロッカー』

 先日、この映画の原作を読んだ。粗筋などが知りたい方は、そちらをご覧いただきたい。そのときに、以下のように書いた。

映像化不可能のトリックがこの小説のキモなのだ。だがしかし、何と、本書は映画化されているというではないか…。マジっすか。いったいどうやって映画にしたのだろうか、気になって仕方がない。映画を見たら、報告したい。

というわけで、さっそく映画を見てみたのだが…なるほど、よくできている。
「無理矢理、映画にしたんじゃないの?」
という疑念があったのだが、小説の雰囲気はよく伝わっており、映画にも入り込めた。
 とはいえ、小説のキモの部分の処理は、やや反則気味か。やっぱ、こうするしかないのかなあ。

 小説を先に読んだ私としては楽しめたのだが、先に映画を見た人はどうなのだろうか。原作小説の大逆転を理解できるのか。理解できたとして、それを受け入れられるのか。是非感想を聞いてみたい。



【送料無料】アヒルと鴨のコインロッカー [ 関めぐみ ]
【送料無料】アヒルと鴨のコインロッカー [ 関めぐみ ]
価格:4,935円(税込、送料込)(楽天ブックス)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2013年12月8日日曜日

予想の回顧 阪神JF、カペラS、朝日CC 2013

 今週は阪神ジュベナイルフィリーズ。馬群が縦長になり、思ったよりも速いペースとなった。
 ◎レッドリヴェールは中団から進める。4コーナー手前から仕掛けていき、馬場の真ん中に出すと手応え以上の伸びを見せた。先に抜け出したフォーエバーモアをかわし、ハープスターの追撃をハナ差で振り切ってゴール。見事に期待に応えてくれた。馬単を買っていたので、このハナ差は大きかった。
 戸崎騎手はGI初勝利。インタビューで自分のGI初勝利のことよりも、馬の将来のことを話す姿勢に好感を持った。戸崎騎手もお馬さんもありがとうございました。
 2着に来たのはハープスター。予想の段階で「八分の仕上がりか」と書いたのだが、馬体重は+2 kg。九分以上に仕上がっていたようだ。さすが松田博厩舎。
 3着のフォーエバーモアも含め、来春が楽しみになるレースだった。

 中山のカペラSは◎スイートジュエリーが行けず、9着に惨敗。重賞では敷居が高かったのか。

 土曜は阪神で朝日CC。
 ◎ラウンドワールドは中団の内に収まる。3、4コーナーでは最内に押し込められ、馬群がダンゴ状態になったため外に出せず、直線ではやや窮屈になった。それでも、ラスト400 mあたりで進路は開いたように見えたのだが、サッパリ伸びず、10着。多少窮屈になったにしても、致命的な不利には思えなかったのだが…。揉まれずに外を回るほうがよいタイプなのかもしれない。
 勝ったのは◎と同じ位置にいたアルキメデス。◎とは対照的に、馬群を突き抜けた。来年が楽しみだ。

 今週は3戦1勝だが、当たった一つがまずまずついたので、トータルの収支もプラスになった。今年の終わりまでこの勢いを続けていきたい。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年12月7日土曜日

2013 阪神ジュベナイルフィリーズ、カペラS オレの予想を聞いてくれよ

 今週は阪神ジュベナイルフィリーズ。レース名は何度か変わったが、2歳チャンピオン牝馬決定戦としてすっかり定着している。阪神改修後は、翌年のクラシックとの結びつきも強くなり、レースの格がさらに高くなったように感じる。

 今年はハイレベルなメンバーが揃った。牡馬相手に重賞を勝った馬が3頭。それも、3頭とも1600 m以上の距離の重賞を制している。普通の年なら穴人気しそうな2戦2勝の馬が現在のところ8番人気である。
 その中から、本命は◎レッドリヴェール。札幌2歳Sの勝ち馬だ。阪神1600 mの新馬戦を制しているのも心強い。阪神改修以降はスタミナが要求されるようになり、長い距離で実績のある馬が活躍している。1800 mの重賞を勝っているこの馬に期待したい。休み明けだが、予定通りのスケジュールなら心配なかろう。
 ハープスターは、八分のデキといったところか。少し重めも残っているようだ。この仕上がりでアッサリ勝つようなら、相当な化け物だ。
 推奨穴馬は関東の2勝馬2頭フォーエバーモアマジックタイム。もう一頭、使う度に力をつけているモズハツコイ

 カペラSは◎スイートジュエリー

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年12月6日金曜日

2013 朝日チャレンジカップ オレの予想を聞いてくれよ

 今年の競馬もあと3週。ビシッと締めたいところだ。
 土曜の阪神メインは朝日チャレンジカップ。朝日CCといえば、秋競馬の開幕週で定着していたのだが、昨年からなぜかこの時期に。中京の重賞と入れ替わったのかもしれないが、そんなことせんでもいいのになあ…。JRAの番組変更には不可解な点が多い。
「毎年、必ずいくつかの重賞をいじらなければならない」
という内規でもあるのだろうか。

 さて、レースにいってみたい。
 一流馬はGI戦線真っ最中のこの時期だけに、実績馬はほとんどいない。オープン特別常連組と登り馬が激突する。となれば、勢いのある登り馬に人気が集まるのも当然か。
 私の本命も、登り馬組から◎ラウンドワールド。1番人気になりそうだ。春は惜しいところで権利が取れず、クラシックに出走できなかった。しかし、それが災い転じて福となったのか、休養あけの前走で、鮮やかな勝ちっぷりを見せた。9ヶ月間休ませたのがよかったのかもしれない。阪神の外回りで、末脚の破壊力も倍増を期待したい。倍返しだ(ちょっと違うような)。
 相手も、人気だがタマモベストプレイアルキメデスが有力。
 推奨穴馬は一皮むけた感のあるコアレスドラードと、着順ほど負けていないハナズゴール

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年12月5日木曜日

書評 スティーヴン・ストロガッツ『ふたりの微積分 ―数学をめぐる文通からぼくが人生について学んだこと―』(岩波書店)

 これぞ、男の友情だ。

 著者のスティーヴン・ストロガッツは、MITなどを経て、現在はコーネル大学で教授を務める数学者。その著者と、高校時代の数学の教師だったドン・ジョフリー先生との、30年以上に及ぶ文通での交流を描いた作品。

「手紙を通じた、心の温まる交流」と聞くと、人生の悩みを綴ったような文通を想像してしまうが、彼らの手紙にはそのような内容はほとんどない。手紙の内容は、ほぼすべてが数学に関することなのだ。
 しかし、著者が自分の人生を振り返りつつ、当時の状況を地の文で挟み込むことにより、手紙の文面の底に横たわる気遣いや思いやりが、しみじみと伝わってくる。人生のどのような局面でどのような手紙が届き、それに対してどのような返事を書いたか。そこを顧みることで、「過去が現在に追いついてくる」ような著者の心情が描かれる。

 文通の期間中に、著者本人には、数学者という進路への悩み、離婚、再婚、兄や親の死などの出来事が起こる。一方、ジョフリー先生は、息子の死、数学教師からの引退、脳卒中などを経験する。
 しかし、手紙にはこれらの出来事はほとんど語られない。あくまでも数学を通じて、彼らは文通を続けるのだ。この、つかず離れずというか、相手の敷地に土足で踏み込まない関係に心が動かされる。これぞ、男の友情だ、
 男の友情というと「スクールウォーズ」のような熱血ドラマを想定しがちだが、そういうのはむしろレアケースだろう。本書のような、そこはかとなく相手を気遣う、遠いようでいて実は近くにいる関係こそ、男の友情なのだ(独断)。

 ただ、本書に出てくる数学の内容は非常に難しい。高校の数学をマスターした人でも理解できない部分が多々あると思う。しかしその部分は「宇宙語で書いてある」と思って読み飛ばしても差し支えない。
 手紙の内容の大半は宇宙語で書いてあるのに心に響くのはなぜなのだろう。不思議だ。



【送料無料】ふたりの微積分 [ スティーヴン・ストロガッツ ]
【送料無料】ふたりの微積分 [ スティーヴン・ストロガッツ ]
価格:1,995円(税込、送料込)(楽天ブックス)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

書評 NHKスペシャル深海プロジェクト取材班、坂元志歩『ドキュメント 深海の超巨大イカを追え!』(光文社新書)

 4人の男(オッサン)の執念が、ムンムンと臭って、いや匂ってくる。

 みなさん、見ましたか?「NHKスペシャル 世界初撮影! 深海の超巨大イカ」。2013年1月に放送され、生物ドキュメントとしては異例の高視聴率(16.8%)を記録した番組である。宇宙よりも遠いといわれる深海に住むダイオウイカの動く姿を、世界で初めて捉えた映像は迫力満点だった。
 その番組の制作過程の裏側を書いたのが本書である。まだ番組を見ていない人は、まずそちらをご覧になることを強くお薦めする。

 中心人物は4名。NHKの岩崎と小山、カメラマンの河野、そして国立科学博物館の窪寺である。この4人の
「ダイオウイカの映像を撮るんじゃ~」
という執念が、あの1時間余りの番組として結実した。その過程が、時間の経過とともに記されている。部長職を辞してプロデューサーとして現場に戻った岩崎。仕事の合間を縫っては小笠原に行き、ダイオウイカを追う小山と河野。研究者として、その半生をダイオウイカに捧げてきた窪寺。彼らの執念が、小笠原の漁師たちを、NHKの上層部を、海外のメディアを動かした。
 この、一歩間違えばストーカーと言われてしまいそうな、彼らの執念を読むための本であるといえよう。天才と変態は紙一重だということがよく分かる(?)。
「彼らの執念の数百分の一でも私にあれば、もっと出世できるのに…」
と妄想せずにはいられない。

 クライマックスは、やはりダイオウイカとの遭遇の場面。番組にもなった、潜水艇を使っての撮影のシーンだ。ここに至るまでの思いがすべて凝縮したかのような、奇跡のシーンが撮影される様子は圧巻である。もう一度番組を見たくなる。

 残念だったのは、この撮影の直接のMVPは、上記の4人ではなかったことだ。アメリカのエディス・ウィダーの開発したエレクトリック・ジェリー(電子クラゲ)という機器が、ダイオウイカをおびき寄せた。この、ごく弱い青い光がクルクルと回る機器をエサと思い込み、ダイオウイカがアタックを仕掛けてきたのだ。恐るべし、欧米の底力。
 とはいえ、ダイオウイカがアタックしてきたのは、他の研究者たちではなく、窪寺が潜水艇に乗っているときだった。窪寺を含む4名の執念がなければ、ダイオウイカは来なかったのかもしれない。




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2013年12月1日日曜日

予想の回顧 ジャパンカップダート、金鯱賞、ステイヤーズS、GブライドルT 2013

 今週はジャパンカップダート。ホッコータルマエが1番人気になるだろうとは思っていたが、1倍台はちょっと人気しすぎのような気がした。そこまでの差はなかろう。
 レーススタート。逃げが予想されたパンツオンファイア(「尻に火がつく」という意味らしい)は馬場の違いに戸惑ったのか、行けず。その結果、エスポワールシチーがすんなりハナを切る。レースは予想外のスロー。これは前有利か。
 ◎ベルシャザールは3コーナーからマクリ気味に上がっていく。この流れで外を回しては厳しい…と思っていたのだが、外をグイグイと伸びると、先に抜け出したホッコータルマエをかわして見事に1着。これは強かった。
 2着にはその後ろを追うように伸びてきたワンダーアキュート。またしてもあと一歩届かなかったが、確実に差してくる。6番人気とは、人気の盲点だったか。
 馬券は厚めに買っていた馬連をとった。5000円近くついたのは美味しかった。

 土曜の中京メインは金鯱賞。
 逃げ馬不在でスローペースのはずが、意外に縦長の展開に。ハナを切ったのは、何とメイショウナルト。「サイレンススズカメモリアル」だったので、武豊は何としてもハナを切りたかったのだろうか(そんなことはないと思うが)。
 ◎カレンミロティックはそのメイショウナルトから離れた2番手。直線入り口で、早くもメイショウナルトが失速。押し出されるようにカレンミロティックが先頭に立つ。
「これはちょっと早いのでは?」
という心配をよそに後続との差を広げ、2馬身半差の完勝。有馬記念での伏兵の一頭になりそうだ。
 2着は道中3番手につけていたラブリーデイ。馬連をとった。
 2、3番手の馬が1、2着に残ったことを考えると、ハナを切ったメイショウナルトは不甲斐なかった(しんがり負け)。そうとう引っかかったのだろうか。
 3着にウインバリアシオンが突っ込んできたのには驚いた。長期休養あけで+30kgなのに格好をつけた。次走は有馬記念か。印がいりそうだ。

 中山メインはステイヤーズS。
 ◎ユニバーサルバンクはぽつんと一頭で中団を進む。勝ち馬の切れ味には完敗だったが、しぶとく伸びて2着を確保。よく頑張ってくれました。馬連をとった。

 阪神メインはGブライドルT。
 ◎アメリカンウィナーはいい手応えで直線を向くが、閉じこめられて行き場を失う。さすがWSJSといったところか。最後は進路を確保するが2着までが精一杯。馬券は、相手を絞っていたため1着のクリノスターオーが抜けており、ハズレ。

 今週は4戦3勝で、外れたレースも◎は2着。トータルの収支もプラスになった。この勢いを有馬記念まで続けていきたい。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村