2013年9月30日月曜日

健保の運動会に行ってきた(5歳、3歳の子どもを連れて)

 9月の三連休の真ん中の日曜日に、健康保険組合の運動会があったので行ってきた。一昨年に続き、2回目の参加である。
 今年は会社の同僚が健保組合に連絡して、チケットを手配してくれた。団体戦の参加もなく
「別に、来ても来なくても、どっちでもいいですよ~」
というお気楽なモードだったのだが、行ってビックリ。わが社からの参加は、何とわが家だけだった……。さすがに、ちょっと裏切られた気分だ。

 気を取り直して競技に参加。
 まずは、ちびっ子駆けっこ。道路が混んでいたことなどもあり到着が遅くなったが、何とか間に合った。
「位置について~、ヨーイ」

駆けっこ、スタート

走る気満々の娘(もうすぐ6歳)に対して、息子(3歳半)はイマイチ状況が分かっていないようだ。
 ちびっ子駆けっこは走路の途中にオモチャがおいてあり、それをみんな一つずつもらえる。娘は「くろひげ危機一髪」を、息子はプラレールをゲット。二人とも朝から大満足だ。

駆けっこ、オモチャ

 続いて、娘は特設のすべり台へ。これはかなり楽しいようで、小学生たちも大喜びだった。担当のオッチャンの愛想が悪いのが玉にキズだが、いいサービスだ。息子は暑さで早くもバテ気味で、テントで休憩。

すべり台、ふわふわ

 昼食をとって戻ってくると、チアガールがいた。女子大生チアガールのショーを見損なったのは誤算だった(誤算だったのは、私だけですが)。娘はリフトをしてもらってご機嫌。息子は怖くて不参加…。

チアガール、リフト

 午後は障害物競走。子ども二人はもちろん参加する。
「ヨーイ、ドン!!」
抜群のスタートを切った娘に対し、息子は5馬身ほど出遅れ…。

障害物競走、スタート

障害をクリアし、娘は4着でゴールしたらしい(息子につきっきりだったので未確認)。

障害物競走、5歳

障害物競走、5歳

 一方の息子は、出遅れたうえに最年少だったこともあり、ダントツの最後方を追走。

障害物競走、3歳

障害物競走、3歳

 しかし、一生懸命可愛らしく走る姿がウケたようで、今日一番の大歓声(若干の誇張アリ)を受けてゴール。

障害物競走、3歳、大歓声

大人のレースもあったのだが、子どもに付き添っていると参加する暇がなかった。

 写真はないが、最後は玉入れに参加。閉会式では抽選会もあったのだが、日光に当たりすぎた息子がバテバテになったので、途中でサヨナラした。
 本日の戦利品は、お菓子セット×4(参加賞)、オモチャ×2(ちびっ子駆けっこ)、タオル×2セット(障害物競走)、図書カード1000円×2(玉入れ)。参加費は無料でこれだけいただけるのだから、大満足だ。
 でも、こんなことに金を使うなら保険料を下げ…。
 いえ、何でもありません。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2013年9月29日日曜日

予想の回顧 スプリンターズS、シリウスS 2013

 日曜は中山でスプリンターズS。
 ◎ロードカナロアは中団から。手応えはあまりよく見せないが、4コーナーでやや外目に出すと、グイと伸びて完勝。人気に応えた。海外レースも含め、スプリントGIを4連勝。その間に安田記念も勝っているのだから、歴史的名馬といってよいだろう。
 2着にハクサンムーンが残ったので、馬券はハズレ。抜群のスタートを切って、フォーエバーマークに絡まれなかったのが大きかった。直線が平坦のコースならさらによそそうだ。

 土曜の阪神メインはシリウスS。
 ◎ナイスミーチューは後方からスタート。3コーナー手前からマクリ気味に上がっていき、直線を向いて前を行くハートビートソングに並びかける。これはいい感じ…なのだが、ハートビートソングの馬券を押さえていない。
「何かもう一頭こい!」
といういい加減な声に応えてくれたのがケイアイレオーネ。外から一気に突き抜けた。ナイスミーチューも無事に2着を確保してくれ、馬連をゲット。

 土曜日はこのレースに続き、東西の最終レースがともに的中。勝負レースが3戦3勝となり、さらに「最終馬連」の恩恵も受け、大幅プラスを達成。いつ以来だろうか。
 今日の晩ご飯は寿司だ。好きなだけ食え~(スシローですが)。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年9月28日土曜日

2013 スプリンターズステークス オレの予想を聞いてくれよ

 今週は、秋のGI開幕戦、スプリンターズS。毎年同じことを書いて恐縮だが、秋のGIがこのスプリント戦からスタートするというのが、やはりいまだになじめない。いっそのこと、もう1カ月ほど早めて、小倉で行ってはどうだろうか。

 さてレースにいってみたい。
 いまや短距離界のスーパースターになった◎ロードカナロアが登場。単勝1倍台と断然人気だが、ここは逆らえないだろう。前走はハクサンムーンに残られたが、3着は引き離して2着は確保。叩き2走目の上積みもあり、斤量差もなくなるここは、アクシデントがなければ確勝か。
 相手筆頭は○ドリームバレンチノ。前走はちょっと不甲斐なかったが、今回は流れが向きそう。
 ハクサンムーンは、少し評価を下げる。同型(フォーエバーマーク)が逃げ宣言しているし、ロードカナロアも今回は早めに捉まえにくるだろう。いかにも展開が厳しそうだ。
 推奨穴馬はスギノエンデバー。お終いは必ずいい脚を使うこの馬に向きの流れになりそう。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年9月27日金曜日

2013 シリウスステークス オレの予想を聞いてくれよ

 気温もずいぶん下がってきて、阪神・中山開催も今週で終了。早いものだ。日曜は秋のGI開幕戦が行われる。その前に、資金を確保しておきたいところ。

 そんな土曜の阪神メインはシリウスS。2000 mは、現在のJRAのダート重賞では最長距離なのだそうだ。いわれてみれば、他のダート重賞は2000 m未満だ。
「そういえば、昔はウインターステークスというダート長距離重賞があったし、東海ステークスもいまと違って2000 mを超える距離だったような…」
と思って調べてみた。すると、ウインターステークスは東海ステークスの前身だったことが判明。
 1984年に2200 mのウインターステークスとしてスタートし、1990年には2300 mに距離が延長された(何でやろ)。1997年にGIIに昇格するとともに東海テレビ杯の冠名がつき、2000年にはオープン特別だった東海ステークスと合併されるかたちで東海テレビ杯東海ステークスとなったのだそうだ。中京競馬場の改修などのどさくさに紛れて、距離はいつの間にやら1800 mで定着してしまったとのこと。ダートの長距離名物重賞がいつの間にかなくなってしまったのは寂しい限りである。

 さて今年のシリウスSに話を戻したい。
 JRAの説明によると、JCダートの前哨戦としてこの時期に移ってきたらしいのだが、JCダートのステップにはやや早すぎないか。事実、JCダートとはあまり結びついていないようだ。
 今年も「GIではちょっとしんどいなあ」という馬が揃った印象。そんな中から本命は◎ナイスミーチュー。前走でニホンピロアワーズに食い下がったように、6歳にしてますます力をつけてきた。休み明け、阪神ともに得意。57.5 kgは少し心配だが、この相手なら何とかしてくれないか。
 推奨穴馬は、こちらも鉄砲駆けするマルカプレジオ。枠連で勝負するのも面白い。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年9月21日土曜日

2013 神戸新聞杯、オールカマー オレの予想を聞いてくれよ

 サンマの値段も徐々に下がってきて、秋を感じる今日この頃である。先週にローズSが行われ、今週は神戸新聞杯。競馬カレンダーも秋本番だ。
 一方、今年の私の馬券成績は、1年中真冬のままだ。浮き沈みがあるのはギャンブルの常だが、これほど長期間沈んだままというのは経験がない。神頼みをしたくなる気持ちが分かる気がする。

 さてレース。
 皐月賞馬が中距離路線に向かい(その後、戦線離脱)、ダービー馬は海外遠征中。となれば、春の二冠レースで連続2着の◎エピファネイアが抜けた人気になるのも頷ける。ダービーの2着も、折り合いを欠いてのもの。ピタリと折り合えばこの馬が一番強いのでは、と思わせる内容だった。ここは、よほど暴走しない限り通過点にしてくれるだろう。
 相手はダービー残念組のタマモベストプレイテイエムイナズマを。推奨穴馬は、これも春の実績組からカシノピカチュウ。距離が保てば。

 オールカマーは◎メイショウナルト。推奨穴馬はアスカクリチャン

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年9月20日金曜日

2013 大阪スポーツ杯 オレの予想を聞いてくれよ

 先週は月曜の競馬が中止になり、火曜に競馬が行われるという、たいへん珍しい日程になった。火曜がレースだと、次週の想定が出るのが水曜日で、木曜に追い切り、金曜に枠順発表と、あっという間にレースになる。ただの馬券オヤジでもそう感じるのだから、現場の人々はなおさらだろう。息つく暇もないとはこのことか。

 そんな阪神の土曜メインは大阪スポーツ杯。ご存じ(?)大スポを冠したレースである。大スポの芸能欄とエロ欄の充実ぶりは他の新聞の追随を許さないものがある。これからもこの路線で頑張ってほしいものだ。

 さてレースに行ってみたい。
 10頭立てと少頭数になった。ここは、人気だろうが◎タイセイシュバリエで堅いだろう。叩き3走目でこのクラスは卒業したいところ。
 相手は8枠の2頭か。推奨穴馬にはこの8枠からローヴドヴールを挙げておきたい。気持ちは、枠連1-8の1点勝負。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年9月16日月曜日

書評 E. シュレーディンガー『生命とは何か』(岩波文庫)

 生命は、原子という部品が組み合わされてできた機械なのか、それとも原子という部品を組み合わせただけでは生命にはならないのか。この究極とも言える問いに、量子力学を生み出した科学者が答えた本。

 半世紀以上前に著された本だが、まったく陳腐には感じなかった。
 明言こそしていないが、シュレーディンガーは
「生命も、結局は原子で組み立てられた機械だ」
という考えを持っていることが分かる。
 本書では「遺伝」が純粋に原子の入れ替えであることが予言されている。そう、本書が書かれた時代には、遺伝子のセントラルドグマ(転写・翻訳・複製)は、まだはっきりとは解き明かされていなかったのだ。
 後にワトソンとクリックがDNAの構造を明らかにし、それをもとに遺伝が物理的・化学的な現象であることが解明された。シュレーディンガーの予言の一部が証明されたのだ。

 とはいえ「生命は機械なのか、それとも魂は存在するのか」という問いには、本書が書かれてから50年以上経ったいまでも結論は出ていない。
「生命は機械か否か」
本書はこの問いに、哲学ではなく科学でもって答えようとした、初めての書籍と言えるのかもしれない。

 惜しむらくは、上にも書いたが、本書が執筆された時代には、まだ遺伝の仕組みが明らかにされていなかったことだ。シュレーディンガーがそれらの知見を知っていれば、どういう考えを巡らせただろうか。是非、聞いてみたかったところである。

 ちなみにシュレーディンガーは、20世紀初頭に量子力学という分野を確立した物理学者の一人で、その第一人者といえる人物である。同時代にはアインシュタインもいた。アインシュタインの相対論が宇宙を舞台にした「巨大なもの」を扱った学問であるのに対し、量子力学は原子・分子サイズの「微細なもの」を扱った学問である。
 ひらたく言えば、原子・分子サイズでは、われわれが目にするようなサイズの物の理論(ニュートン力学)は成り立たず、また別の理屈で物が動いているということを明らかにしたのが量子力学である(ひらたくないかな…)。
 その量子力学の理論を生命に当てはめるとどうなるか。それを量子力学の第一人者が語ったのが本書であると言えよう。



【送料無料】生命とは何か [ エルヴィン・シュレーディンガー ]
【送料無料】生命とは何か [ エルヴィン・シュレーディンガー ]
価格:630円(税込、送料込)(楽天ブックス)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2013年9月15日日曜日

2013 セントライト記念 オレの予想を聞いてくれよ

 三日連続開催の最終日の中山メインはセントライト記念。菊花賞トライアルではあるが、来週の神戸新聞杯に比べるとずいぶん地味なレースである。ただ、昨年はダービー2着のフェノーメノがこのレースに参戦し勝利。その後、春の天皇賞を制するなどGI戦線で活躍している。久々にこのレースから大物が登場した。今年もフェノーメノに続く馬が出るだろうか。

 さて今年のレース。ダービー3着馬が回避し、ただでさえ薄かったメンバーが薄々になった。このメンバーならケイアイチョウサンが一枚上か。前走のラジオNIKKEI賞はすべてがうまくハマったが、それでも1着は立派。重賞勝ちの実績を信頼したい。
 もう一頭の重賞勝ち馬、ヒラボクディープはまだ仕上がり途上か。評価を下げる。
 推奨穴馬は前走重馬場で完勝のユールシンギングと、重馬場得意な子が多いステイゴールド産駒のドラゴンレジェンド

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年9月14日土曜日

2013 ローズS オレの予想を聞いてくれよ

 三日連続開催の二日目の阪神メインはローズS。ご存じ秋華賞のメイントライアルレースである。今年はオークス1~3着が勢揃いし、豪華メンバーとなった。本番もここを使った馬の争いになるだろう。まさに前哨戦だ。

 阪神の改装に伴い距離が1800 mになってからは、オークスで掲示板に載った馬が優勢である。紛れのないコースといえるだろう。
 今回のメンバーで、この舞台が向きそうなのは、◎レッドオーヴァル。オークスでは人気を裏切ってしまったが、その前の桜花賞ではズバッと切れて2着に差し込んできた。桜花賞と似通った舞台である阪神1800 mで巻き返すと見た。
 これといった登り馬もいないので、オークス組の争いになりそうだ。あえて挙げるなら推奨穴馬はウリウリ。前走がきっかけになれば。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年9月13日金曜日

2013 エニフスS、阪神ジャンプS オレの予想を聞いてくれよ

 今週は三連休で、三日間とも競馬が行われる。競馬オヤジとしては三日とも競馬が楽しめるのは嬉しいのだが、北海道や小倉の開催を削ってこちらへ持ってくるというのがどうも解せない。短期的には売上が増えるのだろうが、長い目で見ると地方のファンを減らすことにつながらないか。心配だ。
 開催を削る代わりに、せめて小倉にもビッグレースを作ってはどうか。札幌記念がGIIになって一流馬が北海道のレースに出走するようになった。小倉にも同レベルのレースを作ってスターホースの出走を促し、九州のファンの目を引いてほしいものだ。スプリンターズSを小倉に持ってくるとか、3歳のダートGIを小倉で行うという案は非現実的だろうか。

 そんな土曜の阪神では、メインにエニフSが、8Rに阪神ジャンプSが行われる。
「エニフって何やねん」
が気になったので、例によってJRAの特別レース名解説で調べてみた。

エニフは、ぺガスス座を構成する星。同星座の鼻の部分にあたり、構成する恒星の中で最も明るい星である。アラビア語で「馬の鼻」を意味する「アル・アンフ・アル・ファラス(Al Anfal Faras)」が語源。

ということらしい。星の名前シリーズでしたか。こんな星があるとは知らなかった…と思いきや、昨年も同じことを調べたことを思い出した。なんじゃそりゃ。

 さてレースにいってみたい。
 ダートのオープン特別の常連が揃った。特にこれといった新顔もいない。それなら◎エアウルフでなんとかならないか。阪神1400 mはベストの舞台。ここをステップに重賞戦線に突撃してほしい。
 推奨穴馬はトラバント。前走は惨敗したが、もともと走るときち走らないときの差が激しい馬。今回が「走るとき」なら。

 阪神ジャンプSは◎ビッグウィーク。人気しそうだが、障害3走目でまだ上積みも見込めそう。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年9月12日木曜日

書評 藤井純一『監督・選手が変わってもなぜ強い? 北海道日本ハムファイターズのチーム戦略』(光文社新書)

「中の人」が書いた本だとは知りませなんだ。日本ハムファイターズがファンに愛され、かつ強いチームである秘訣が明かされる。

 2004年に北海道に移転後、北海道日本ハムファイターズは道民の圧倒的な支持を受けるチームになり、また優勝争いの常連となった。かつての
「東京の、何だか冴えないチーム」
からの変貌には、どのような秘密が隠されているのか。それを最もよく知る人物である前球団社長みずからが、チーム運営・チーム経営の秘訣を著したのが本書である。

「赤字は本社(日本ハム)に補填してもらえばよい」という旧弊を葬り去り、黒字経営を達成するために藤井氏が行った構造改革・意識改革の具体例が次々と披露される。
 藤井氏は、収入を増やすために必要なのは、その場しのぎの一発イベントではなく、何度も球場に足を運んでくれるファンを増やすことであるという原則を徹底する。それを「Fan Service 1st」という標語にして全社員で共有する。分かりやすい目標を立て、その目標を達成すべく、全員で突き進んでいく様子が伝わってくる。
 私が特に印象に残ったのは、次の2点だ。

・社内の垣根を低くする(セクショナリズムの廃止)
・コアなファンを増やし、大事にする(広く浅くとは逆の方向)

このようにまとめてしまうと「当たり前やん」と思われるかもしれないが、自分の属している組織を顧みても、意外に簡単ではないことが分かる。この「当たり前だけど、簡単ではないこと」を達成するためのヒントが随所に散りばめられている。

 直接には「スポーツチームの運営論・経営論」の本なのだが、スポーツチームにとどまらず、すべての組織に当てはまる事例がたくさんあった。私も、自分の仕事に応用できそうなヒントをいくつももらった。

 ただし、あくまでも「球団」の運営論の本であり、個々の選手の管理・育成にはあまりページが割かれていない。そちらはそちらで、GMを中心に一貫した体制が敷かれているのだろう。ダルビッシュをはじめ、中田翔、糸井らの選手が、なぜ次々に台頭してくるのかなどは、本書の主題ではない。

 本書の袖には「最強のスポーツビジネス論」という言葉が書かれているが、それも納得。いや、それを越えて、スポーツにとどまらない最強ビジネス論が展開されているとまで言ってもよいのかもしれない。



【送料無料】監督・選手が変わってもなぜ強い? [ 藤井純一 ]
【送料無料】監督・選手が変わってもなぜ強い? [ 藤井純一 ]
価格:777円(税込、送料込)(楽天ブックス)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2013年9月8日日曜日

予想の回顧 セントウルS、京成杯オータムH、西宮S

 阪神メインはセントウルS。予想通りハクサンムーンがハナ。本命◎ドリームバレンチノロードカナロアを見る位置取り。4コーナーではロードカナロアについていき「オッ」と思ったのだが、直線では突き放されて3着。1、2着には力負けの印象。
 勝ったのは逃げたハクサンムーン。逃げ馬にとって有利とはいえない大外枠を克服したのは立派。ただ、本番のスプリンターズSでの上積みはあまりなさそうだ。
 ロードカナロアは2着。休み明けの分だろう。本番は確勝と見た。「負けるならここか」という予想はよかったのだが、それに代わって勝つ馬をハズしていてはドモナラズである。

 京成杯の本命は◎レオアクティブ。1番人気のルナのスタートがひと息で、テイエムオオタカとハナを奪い合う乱ペースに。追い込みの◎レオアクティブにとってはシメシメの流れだ。ところが、直線は最内をついて伸びてきたが、直線半ばで脚があがり8着。夏を使ってきた疲れがあったのか、いつものキレが見られなかった。

 土曜の阪神メインは西宮S。本命の◎ロードエアフォースが想定通りハナを切る。いいペースで逃げているように見えたのだが、直線はバッタリで8着に敗退。一緒に逃げたサカジロロイヤルよりも後ろの着順とは情けない。

 今週も3戦3敗。秋競馬が始まってもスランプ脱出の気配が見えない…。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年9月7日土曜日

2013 セントウルS、京成杯オータムH オレの予想をきいてくれよ

 秋競馬開幕週の阪神メインはセントウルS、中山メインは京成杯AH。秋華賞トライアルも始まり、気分も高まってくる。
 セントウルSの「セントウル」は、昨年調べたようにケンタウロスのこと。ギリシャ神話に登場する、上半身が人間で下半身が馬の生物で、個人ではなく種族なのだそうだ。なぜだか知らないが、阪神競馬場のシンボルとなっている。

 レースにいってみたい。
 今年は横綱(ロードカナロア)が参戦する。その横綱を含め、高松宮記念1~3着馬が勢揃いした。かなりハイレベルな一戦といえるだろう。
 ロードカナロアの強さは認めるところだが、この馬が最後に負けたのが昨年のこのレース。もし取りこぼしがあるとすれば、休み明けのここか。かなり人気を集めそうだし、ここは思いきって他の馬から勝負する。この馬はいないものとして(実際はいるんだけど)予想を組み立てる。
 そうすると当然浮上するのが、高松宮記念2、3着馬のドリームバレンチノハクサンムーン。当初はハクサンムーンを狙おうと思っていたのだが、痛恨の大外枠。というわけで本命は◎ドリームバレンチノ。前走が不甲斐なかったが、休み明けで59 kgが応えたということにしておきたい。
 推奨穴馬はシュプリームギフト。函館の疲れがなければ。

 京成杯AHは◎レオアクティブ。勝ちきれないレースが続いているが、好枠を引いたここは何とか。
 推奨穴馬は中京記念1、2着のフラガラッハミッキードリーム。中山1600 mは内枠有利。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2013年9月6日金曜日

2013 西宮ステークス オレの予想をきいてくれよ

 先週は家族旅行に行っていたため、日曜の予想はエントリーしなかったのだが、しなくてよかった。新潟記念、小倉2歳Sともにハズれ。相変わらずの低空飛行である。
 今週から阪神・中山開催が始まり、秋競馬が開幕。気分一新、馬券の調子も上向かないものだろうか。

 開幕週の土曜阪神メインは西宮S。阪神改装後にできた準オープン戦だ。先週の家族旅行は西宮の近く(有馬温泉)に行ったので、これも何かの縁か。大当たりの予兆ということにしておきたい。

 さて、レースにいってみたい。10頭と、やや寂しい頭数。阪神・中山開催を待ちわびていた馬はあまりいなかったのだろうか。
 本命は◎ロードエアフォース。有力馬に休み明けが多い中、叩き3走目で走り頃のこの馬を狙いたい。切れる馬ではないので、ペース配分が鍵を握りそうだ。池添君、頼みまっせ。
 推奨穴馬はサカジロロイヤル。距離延長2走目で、一発がないか。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

有馬温泉、東条湖おもちゃ王国、有馬玩具博物館へ行ってきた(後篇)

 この旅行のメインイベントの東条湖おもちゃ王国も終了。車でホテルに帰る。子どもたちはもちろん爆睡モードだ。

◆二日目夕食 ホテルでバイキング◆

 この日は夕食の前に入浴。大きいお風呂はやはり気持ちいい。
 そして夕食は、ホテルでバイキング
「旅行に来てバイキングもなあ」
と思わないでもないが、子どもがいると、あまり気を遣わなくてよいバイキングはやはり楽チンだ。
 和・洋・中各種が揃っており、対面コーナーに寿司、北京ダック、ローストビーフがある、豪華バイキングだ。アルコール飲み放題が1000円でつくというので、迷わずオーダーする。

エクシブ有馬離宮、バイキング

 もちろんデザートも食べ、たらふくになった。お姉さん、垂れてまっせ…。

エクシブ有馬離宮、バイキング

 そして就寝。寝かしつけがいらないのはありがたい。年々、旅行も楽になっていく。

エクシブ有馬離宮、ネンネ


◆三日目 神戸市立六甲山牧場へ◆
 三日目は神戸市立六甲山牧場へ。ところが、牧場へ向かう途中にけっこうな雨が降ってきた。予定を変更することも考えたのだが、もう近くまで来ているのでとりあえず行ってみることにした。
 六甲山の山道を走る。すごい霧で視界が悪い。ウネウネと走っていると…案の定、子どもたちが酔いだした。山道はビニール袋が必須ですな。到着したら、動物さんたちは小屋の中とのこと。残念だが仕方がない。

 いざ牧場内へ。売店の横に似顔絵コーナーがあったので、お姉さんに描いてもらった(もちろん有料です)。

六甲山牧場、似顔絵

 娘は、どうすればこんなに上手に描けるのか、不思議で仕方ないらしい。答えは「練習あるのみ」だ。
 絵ができあがるまで、レインコートを着てブラブラ。幸い、雨は小雨になってきた。

六甲山牧場

◆三日目午後 神戸市立六甲山牧場で昼食とアイス作り◆
 小屋の中にいる羊や山羊を見学していると、もうお昼。昼食は牧場内の「レストラン神戸チーズ」で食べた。思ったよりも高かったので躊躇したのだが、せっかくだからとチーズフォンデュを注文。値段分の価値はあった。なかなか本格的なレストランだった。

 そして午後はアイスクリーム作り。お姉さんの説明を聞き、いざ開始。まず、氷に塩を混ぜて温度を下げるのだが、これがメチャメチャ冷たい。手を洗うと、水がお湯のように感じた。

六甲山牧場、アイスクリーム作り体験

その氷の上で、材料をクルクルと回転させる。

六甲山牧場、アイスクリーム作り体験

すると、あら不思議。アイスクリーム状になっていくのだ。

六甲山牧場、アイスクリーム作り体験

みんなで美味しくいただきました。
 天気がよければ、乗馬などもできてもっと楽しかったのだろうが、こればかりは仕方あるまい。

 そして有馬をバイバイ。荷物を忘れたり、車酔いをしたりとアクシデントもあったが、楽しい旅行になった。また来よう。今度は天気に恵まれますように。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2013年9月5日木曜日

有馬温泉、東条湖おもちゃ王国、有馬玩具博物館へ行ってきた(中篇)

 波乱の初日を終え、二日目の朝を迎えた。娘も息子も、旅行先でもお利口に寝てくれるようになった。旅行もずいぶん楽になってきたものだ。

◆二日目 東条湖おもちゃ王国◆
 二日目は、この旅行のメインイベントである東条湖おもちゃ王国へ。ホテルから中国道を使って1時間ほどで到着。天気はあいにくの大雨だが、おもちゃ王国は室内施設も充実しているので十分に楽しめるだろうという判断。乗り物には乗れそうにないので、入園券のみを購入した。
 まずは息子のたっての希望で「トミカ・プラレールランド」へ。息子はここへ行きたくて仕方なかったらしい。家ではとても作れない、大きな路線を作った。

東条湖おもちゃ王国、プラレールワールド

 こちらは備え付けのプラレール・ワールド。カッチョイイ。

東条湖おもちゃ王国、プラレールワールド

 この施設に最初に行っておいてよかった。なかなかの人気スポットで、しかも電車や線路に限りがあるので、競争率が高いのだ。混んできたら、電車や線路は取り合いになってしまいそうだ。

 息子は一日中でもここにいたかったようだが、そういうわけにもいかない。続いてはお隣の「ホビー工房つくるんタウン」へ。別料金になるが、ペタペタ焼きやパーラービーズを作ることができる。工作好きの娘は
「やるやる~」
と張り切っている。娘はプリキュアのアイちゃんを、息子はピカチュウを、それぞれ作った。

東条湖おもちゃ王国、ホビー工房つくるんタウン

東条湖おもちゃ王国、ホビー工房つくるんタウン

 次はお昼ご飯。園内のレストラン「パクパク」で食べた。テーマパーク内のレストランにしてはそれほど高くなく、味もまずまず。周りは子どもだらけなので、少々騒ごうがこぼそうが大丈夫なのもありがたい。
 午後は「ダイヤブロック・ワールド」へ。

東条湖おもちゃ王国、ダイヤブロックワールド

ここは「まなびのハウス」や「木のおもちゃ館」と同じ建物内にある。息子はブロックなどそっちのけで、木の電車に張り付いたまま離れない。

東条湖おもちゃ王国、木のおもちゃ館

息子は、よほど電車や乗り物のおもちゃが好きなようだ。一方の娘は、電車には興味を示さず、ブロックやお絵かきなどで遊んでいる。女の子と男の子は、興味を持つものが違うのだなあと、改めて感じた。
 続いて、アクションゲームワールドへ。

東条湖おもちゃ王国、アクションゲームワールド

 野球盤・黒ひげ危機一髪などの家族みんなで楽しめるいろいろな対戦おもちゃが大集合している施設だ。
 まずは金魚すくいゲーム。単純だが、けっこう面白い。

東条湖おもちゃ王国、アクションゲームワールド

 娘はお母さんと黒ひげ危機一髪へ。これも単純だが面白い。大人と子どもが対等に勝負できるのも魅力だ。一方、息子は一人で黙々と金魚をすくい続けている…。

東条湖おもちゃ王国、アクションゲームワールド

3歳児にしてはなかなかの集中力だ。これがよい方向に発揮されれば、大物になれるかもしれない。頑張れ(笑)。
 こちらは、おなじみサッカーゲーム。おい、ちょっと曲がりすぎやで。

東条湖おもちゃ王国、アクションゲームワールド

家族4人で盛り上がった。お母さんが見事なシュートを決めたところで終了。
 外に出ると雨が上がっていたので、メリーゴーラウンドに乗った。

東条湖おもちゃ王国、メリーゴーラウンド

東条湖おもちゃ王国、メリーゴーラウンド

 娘はジェットコースターにも挑戦。

東条湖おもちゃ王国、ジェットコースター

平気な顔で帰ってきた。

 以上で、東条湖おもちゃ王国は終了。天気には恵まれなかったが、存分に楽しんだ。晴れていたら、一日では回りきれないだろう。天気が悪い分、空いていたので、逆に快適だったかもしれない。
 晩ご飯と三日目へ続く。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

有馬温泉、東条湖おもちゃ王国、有馬玩具博物館へ行ってきた(前篇)

 一昨年昨年と、二年続けてパルケエスパーニャに行ったのだが、さすがに三年連続はいいだろうということで、今年は有馬方面に二泊三日の旅に出た。父(私のこと)、母、娘(もうすぐ6歳)、息子(3歳半)の4人旅行。メインイベントは東条湖おもちゃ王国である。

◆初日午前 女子大生との交流(ハート)
 初日、中国道もほとんど混まず、すんなりと有馬温泉に到着。ちょっと早く着きすぎたので、有馬の温泉街をぶらついていると、女子大生二人組に声をかけられた。もちろん足を止める。
「有馬温泉ゆけむり大学」なるイベントが開催中で、神戸近辺の大学生たちが有馬温泉を盛り上げるべく、奮闘しているらしい。その一環として
「大切な人へ感謝の気持ち“ありまとう”を届けませんか?」
ということで、紙にメッセージを書いてくれということらしい。でも
「母ちゃん、いつもありがとう」
なんてことを家族の前で書くのは恥ずかしくてできない。しかし、女子大生の頼みを断るわけにもいかない。そこで、娘に書いてもらうことにした。

有馬温泉,ありまとう,女子大生

 お姉ちゃんが書いたとなれば、息子も黙っていない。

有馬温泉,ありまとう,女子大生

 二人ともよくできました。

◆初日午後 有馬玩具博物館◆
 女子大生と交流を深めた(?)後は、温泉街をぶらつき「ねがいの泉」やゾウさんを見学。

有馬温泉,ゾウの像

このインド風のゾウさんは、何物なのだろうか。
 続いてゾウさんの近くのそば屋で昼食。「全寿庵ごんそば」で韃靼そばを食べた。確かに独特の風味だ。普通のソバも美味いので、両方が食べられる三乗そばがお薦めである。

 昼食後は有馬玩具博物館へ。木のおもちゃやオートマタ(手作りの機械人形)を展示してある博物館で、1Fには見本のおもちゃが並べられており、自由に遊べる。

有馬温泉,玩具博物館

有馬温泉,玩具博物館


子どもたちは、放っておけばいつまでも遊んでいそうだった。
 そうこうしているうちに、申し込んでおいた時計作りの時間になった。「ワクワクさん」(終わってしまいましたが)が大好きな娘はこの工作教室を楽しみにしていたのだが、その期待を裏切らない体験だった。
 一見したところ無愛想だが(失礼)、実は優しいお姉さんが先生。あれこれ指示するのではなく、材料と大まかな作り方だけ説明して、後は子ども(とその親)の好きにさせてくれる。ついつい口うるさく指図してしまう私は、おおいに見習わなければならない。
 作っている様子はこちら。

有馬温泉,玩具博物館,工作教室

有馬温泉,玩具博物館,工作教室

 糸ノコや絵の具を駆使して、見事に完成。

有馬温泉,玩具博物館,工作教室

 可愛いテントウムシの時計ができた。それにしても、娘は写真用の表情を上手に作るのに、男二人は無愛想ですなあ…。

◆さて、くつろぎタイム…のはずが、大事件勃発◆
 先生のお陰もあり、ご機嫌で時計作りを終え、ホテルにチェックイン。夕食までは、くつろぎタイム…のはずだったが、大事件が発生する。
 私が、車に入れておいた荷物を駐車場まで取りに行った。ところが、車に肝心の荷物がない。着替え一式などを入れたボストンバッグが見あたらないのだ。そういえば、車に入れた記憶がない…。
「いや、これは何かの間違いだ。オレも中年になって、記憶力が落ちたよなあ。荷物はすでに部屋にあるに決まってるやん。フハハ」(大汗)
と期待(妄想)しつつ部屋に帰って妻に報告すると
「………。ワタシも記憶にない…」
どうやら大失態をおかしたようだ。海外旅行に行くのにスーツケースを忘れていくようなものだ。こうなればもう
「アハ、、…」
と、二人で力なく笑うしかない。通常ならここで口論となるパターンだが、今回ばかりは暗黙の了解で、夫と妻で一致協力してトラブルを乗り越えることにした。美しい家族愛である(?)。とはいえ、やることはただ一つ。
「買い出し」
だ。タブレットでそれらしき店を検索し(便利な世の中ですなあ)、三田のイオンに突撃。必要なものを買いそろえた。
 タブレットとカーナビという二種の神器(なんやそれ)がなければ、さらに悪戦苦闘していたに違いない。IT社会の恩恵をおおいに受けた。

 買い物を終え、その足で夕食へ。予約時間に遅れて申し訳なかったが、アランチーノというイタリアンレストランへ向かった。食後は車でホテルに帰らなければならないため
「この期に及んで、まだビールを飲めないとは」
と悄然とする私に付き合って、妻もノンアルコールビールを注文してくれた。二人でノンアルコールで乾杯。久々に、妻の優しさが身にしみた。
 さらに、アランチーノの料理が私の心を癒してくれた。サラダと前菜は、ちょっとオシャレな、シンプルだがシャンとした味付け。ゴージャスではないが、手がかかっているのが分かる。

アランチーノ,イタリアンレストラン,岡場

 続いてピザとパスタ。一見、豪快だが、味はしっかりと決まっている。量は多めで
「お腹いっぱいになって帰ってください」
という、店主のメッセージが聞こえるような料理だった。ワインと一緒に味わいたかったなあ…。

 店を後にしてホテルに帰り、大きいお風呂とアルコールで疲れを癒して大波乱の一日目は終了。
 二日目に続く

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村